JAあまるめ 余目町農業協同組合

JAあまるめ 余目町農業協同組合

5年目を迎えた土づくり運動

 JAあまるめブランド米振興会では、年によって水稲反収の増減が著しいとに着目。山形大学農学部の藤井教授より助言をいただき平成26年に管内4000筆の圃場の土壌分析を実施。結果、平均pH5.19、山形県の目標pH5.7からみて、著しく低下していることが分かった。同振興会では、平成26年度より酸度矯正を目的に「土づくり運動」を管内全体で取り組むことにした。土壌改良資材には、アルカリ分47%、可溶性ケイ酸15%を主成分としその他微量要素も豊富に含み価格も手ごろな「てんろ石灰」を選定。平成27年・28年の2カ年は、国の「産地リスク軽減技術総合対策事業」を活用し、農家費用負担の軽減につなげた。今年で5年目を迎えるこの事業は、次年度水稲作付予定圃場に約30000袋/20kg(60kg/10㌃)が年内に散布される。
 平成29年の土壌分析結果はpH5.4と平成26年より0.21改善された。







 
【JAあまるめ】 余目町農業協同組合 | 〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字三人谷地172番地 | TEL.0234-45-1500 | FAX.0234-42-1266
Copyright © JA-Amarume All rights reserved.